国内旅行でのお支払はクレジットカードだけあればよい…とは限らない

突然ですが国内旅行でのお支払い方法はどの様な手段を取っていますか?と質問すれば現金払いもしくはクレジット会社がその場は立替後日請求のクレジットカード払いのどちらかで答える人が多いと思います。

何故この質問をしたかというと双方にメリットとデメリットがある事を今一度再認識して頂きたいと思い復習と言う形で今回は国内旅行へ行く前にもう一度見直してみましょう。

今更必要ないと思っていても少しの間だけお付き合いをよろしくお願いします。

旅行先でショッピングを楽しむカップル

現金払いのメリット

「直接硬貨やお札で支払っているのでお金を使っている実感がある」気持ちの問題ですがやはり「買い物=現金払い」の感覚って人もまだまだいます。

また財布の中身も減って行くのが分かる為予算を考えながらの買い物も出来ます。

現金払いのデメリット

こちらのデメリットは「財布が嵩張る」一見するとデメリットの様には見えませんが実際に持ってみると

  • 小銭が多すぎて重い
  • 札束も多すぎて閉じにくい

と持ち運びの面では少し不利です。ここまでは現金の話、次はクレジットカードの方です。

クレジットカードのメリット

財布が嵩張らない

カード一枚で買い物する為持ち運びが非常に便利です。その気になればカードだけ持ってお買い物なんてのも出来るぐらいには身軽になる事も出来ます。

カード停止にする事も可能

万が一カードを盗難もしくは紛失した場合現金だと見つけない限りは泣き寝入りになる事はあれどクレジットカードは判明すれば直ぐに停止し悪用される事を防ぐ事が出来てセキュリティ面では軍配が上がります。

買い物がスムーズ

現金だと小銭などがなかなか取り出せなかったり足りると思っていたら実は足りて無くて買えなかったり等の面がありますがクレジットカードは後払いなのでそういった場面は無縁な存在です。

スムーズさでもやはり軍配が上がります。

クレジットカードを持つカップル

クレジットカードのデメリット

便利なようでクレジット払いにもやはりデメリットはあります。

後払いだからと予算の事を頭に入れず後先考えずに買っていると後で大出費になる可能性は大

カードは便利ですがお金を出して買っている感覚が薄れがちになってしまいます。ちゃんとレシート等買い物をした記録を持っておかないと後で請求の際に泣きを見ることになり酷い場合にはクレジットカードの支払いの為に他所から借金の悪循環を生み出してしまう事もあります。

お店によってはクレジットカード払い未対応のお店もある(クレジットカードの導入しない代わりに値段を抑える
為等の理由で)

クレジットカード払い対応のお店が殆どとは言っても導入してないお店も未だに存在します。少なくとも「VISA」「JCB」「MasterCard」等の国際ブランドのマークがあれば買い物できますが見当たらないようなら買い物や飲食する前にクレジットカード払い対応かどうかを確認しておくと良いでしょう。

さて双方のメリットとデメリットを再認識出来たでしょうか?結論から言うとどちらが一番とは言えず理想的なのは「クレジットと現金の使い分けが一番」と「ご利用は計画的に」になりますね。

■fdaのお得情報・・・フジドリームエアラインズでマイルを貯める
■フジドリームエアラインズ航空券予約|格安航空券サイト 国内航空券の最安値検索は空旅.com
■URL:https://www.soratabi.com/fda/