格安航空券を利用する場合の旅行時期選び

近頃は企業でも夏休みや冬休みを交代でとることを推奨しているところも増えています。例えば夏休み時期は航空券やホテル代も高いです。

9月や10月や11月に日程をズラして長期休暇が取れるならば格安航空券のメリットが生きてくるでしょう。今回は【格安航空券を利用する場合の旅行時期選び】についてお話します。

格安航空券の達人を目指すならば、良い時期を選んでプランニングすることを心がけましょう。

旅行先でタブレット端末から情報を得ている男性

まずは航空券の高い時期を考えてください。

基本的に旅行者が多い時期です。ゴールデンウイーク・お盆・年末年始が3つの大きな旅行のピークシーズンになるでしょう。この時期はパッケージツアーの航空座席のあまりがほとんどでてきませんから、ばら売りで手に入るタイプの格安航空券はほとんど期待できません。

また3月は卒業記念旅行の時期でもあります。11月は大型連休になったりする日並びのときもあります。こういった時期は航空券の値段の割引率が少ないです。

航空会社は料金を下げなくてもノーマルで購入してくれるお客さまが多いので値引く必要がありません。土日や祝日がからむと割高になります。

ズバリ格安航空券を購入するベスト時期は?

  • ゴールデンウイークの前後の4月と5月
  • 連休になっていない11月から12月の前半

この2つの時期は比較的航空券が安いし、予約も取りやすいメリットがあります。4月は新年度のスタートですからなかなか長期休暇をとって旅行する人は多くないです。

ゴールデンウイークまでは旅行は控え目にする人も多いです。11月中旬から12月前半は11月の連休が終わったばかりで年末年始もこれからというタイミングでちょうど谷間になる時期です。

いかがでしたでしょうか?

格安航空券を利用する場合の旅行時期選びは旅行者が少なくなる閑散期を狙うことが正攻法です。ド平日を狙ってみましょう。

有給休暇をこの時期に取得できるならば激安で旅行が楽しめます。値段だけでくて混雑も避けることができるのでゆったりと楽しめます。