国内旅行での新幹線移動の決め手は何か?

国内旅行のみならず出張等で遠方の移動手段として利用する機会は一度ぐらいはあるであろう「新幹線」足としては便利なのですが絶対新幹線が便利とは限りません。

新幹線利用にするか否かの決め手は以下の様な点が大きいです。

旅行先でテンションが上がっている女性

1:料金

新幹線へ乗車する際に支払うものは乗車券だけではありません。そこに「特急券」が必要になり別途で出費が必要になります。(とは言っても切符券売機や窓口では最初からセットになっている事が多いですが)

人によっては奮発してグリーン席等の指定席を注文する事もありますが大まかな計算式だと「乗車券+特急券(金額は自由か指定席かで変動はある)=新幹線の旅費」の図になりちょっと多めの出費に繋がります。

2:目的地までの距離

新幹線は在来線に比べると速さは保証済みですがそれは遠方の地であればの話で比較的近場だったりすると話は違ってきます。

と言うのも主な理由として

  • 時間は少し掛かるが在来線で事足りる、時間的にも料金的にも
  • 別に新幹線で無くてもバスや自家用車で行ける距離

わざわざ新幹線を使う理由が無かったり低かったりする場合もあるからです。近場だったらわざわざ割高になる新幹線を使わずともこの2つで充分と判断される事があります。

3:そもそも新幹線が停車してくれない

こちらは少し番外編みたいな物ですがご紹介しておきます。見出しで「?」と思うかもしれませんが新幹線の駅でも停車する駅と停車しない駅が存在します。

具体的な車両名で言うと

  • のぞみ・ひかり・さくら・みずほ→停車する駅と通過駅がある(快速や特急での使用が多い為)が新幹線の中では早い
  • こだま→各駅に停車する代わりに少し遅い

と同じ新幹線でも見事に違い新幹線でも早く行きたいのであればこだま以外も停まる駅まで移動する事になりその分の出費も増えてしまいます。

もっとも遅いと言っても極端に差がある訳ではないので実際はそこまでして乗ろうとせずこだましか無いならこだまを使って移動する人が殆どです。

最後に結論から言って国内旅行で新幹線を使うかどうかの決め手は「距離に対して値段が見合っているか否か」これが一番関わってきます。

新幹線も便利ですが別の移動手段のが安く済む事もありますので新幹線以外にも選択肢を持っておくのがいいでしょう。